01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

いろいろありすぎ 

アメリカ、一時的に小康状態かと思われた議会の対立が債務上限を巡って再燃し、連邦政府は一部閉鎖を
余儀なくされた。といってもアメリカは3連休。議会与野党と大統領の協議は続行中なので、民主党は安全
保障と経済に悪影響を与えないよう、ギリギリのところで妥協する可能性があるのでなんともいえないが経済
への影響は最小限とみられているが、協議が長引くなら混乱を引き起こし、市場波乱の要因になりかねない。
朝鮮半島は南北対話が始まったことで、当面アメリカが北を攻撃することだけはないだろうと思われるが単に
五輪休戦ということで、それ以上でも以下でもない。おまけは素人でも笑っちゃうほどの韓国外交の拙劣さ。
韓国が過度に対北優和を演出するために、日米などの信頼は完全に失われており、米韓同盟そのものが崩壊
する恐れがある。米軍は韓国の国内事情を慮って自重してきたが、韓国を踏みつぶしてでも構わないと思えば
相当荒っぽい手段をとることも考えられる。世界の警察を止めても自国を守る為なら何をするか分からない。
短期的な融和ムードが演出されるだろうが、五輪後に再燃する危機は高い確率でありそう。すでに4月攻撃説
6月頃をめどに北が南進するという話もあり今後の動き要注意。相場もそれを意識してくるはず。『共産国が
雪解けを語り始める時はその裏で戦争の準備をしている』というのは、国際政治学者なら当然知っている基本
セオリー。昨年末から、中国が日本に口先の融和姿勢を示しているが、中国のだす融和シグナルに心を奪われ
てはならない。米軍が南シナ海での活動を強化しているのはそれを読み込んでいるから。もし、中国国内で
債務問題が噴出して、経済が不調になるようなら『台湾解放作戦』を断行して、国内の批判とか不満をそらし
習体制の基盤強化を図るという話もある。まったく迷惑な話よね。

アイスキャンドル
ice candles




category: 未分類

Posted on 2018/01/21 Sun. 19:03  edit  |  tb: --  cm: 2  

世界の中心 

今世紀はアジア太平洋地域が主役に。が、少なくとも共産党独裁の国がそれを保障してはならない。しかし
アメリカの相対的な国力は落ち始めているし、日本も経済的、軍事的優位を失い始めている。放っておけば
アジア太平洋地域は中国が支配する世界ということになりかねない。しかし、日米豪印の4か国が緊密に連携
していけば中国が今後どれだけ急速な発展を遂げようと、軍事的にも経済的にも追いつくことはまず不可能。
2030年頃から、中国も少子高齢化が進み、中国がインドから抜かれるとみられる。自由主義、民主主義と
いう価値観に基ずくインド、アメリカという世界1,2位が日本、オーストラリアとしっかり手を結べば、
中国は無謀な軍事的挑発を諦めざるをえない。インド・オーストラリアは事実上『準・同盟』日本ではあまり
知られていないかもしれないけど、インド、オーストラリアで書かれた文章には日本を『同盟国』と断言して
いるものもある。日米豪印の4か国同盟を核にして、中国の膨張をうまく封じ込めつつ、この地域にある
自由主義、民主主義諸国と一緒に平和と繁栄の為に連携していく。中国が軍事挑発を続ければこれを4か国で
叩き、平和的に経済発展を望むならこれを受け入れればよい。昨年秋、ティラーソンが言及し、APECでは
トランプも演説につかい、アメリカの国家戦略の主軸になりつつある。また4か国側に参画したい国もある。
イギリスは経済は中国と連携しつつも軍事、政治的には日本との準同盟を望んでいる。フランスはインド洋
太平洋まで艦隊を派遣し、日本、オーストラリアとの連携強化を望んでいる。さすがにドイツはWWⅡの反省
から、今のところ控えている。インド太平洋地域こそが、バフェットが感謝した1930年以降のアメリカに
匹敵或いは凌駕するかもしれないフロンティアとなる。これに日本経済を上手く連動させることができれば
当面は苦しいがいずれ必ず日本は復活できるはず。ガンバレ財務省&外務省&防衛相。

CoopersHawk.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/01/19 Fri. 20:21  edit  |  tb: --  cm: 6  

お笑い劇場が始まった 

民進党って何がやりたいのかワケワカラン。いっそ消えてしまえ、煩わしい!野党は相変わらず主導権争い。
なんといっても、安倍政権への最大の功労者が旧民進党で、今もしっかりアシスト中。支援者の気持ちは?
しかしちょっと気になる方向に議論が収斂し、まったく無視もできなくなる恐れもチラッとでてきている。
これは改憲の成否に初期段階から影響し、将来の政界再編の火種になる話であるだけに官邸はかなり気になる
だろう。それ以上に気になるのは与党内。改憲への態度といい安倍政権の準備している経済政策の威力を削ぐ
かもしれない方向で議論が出始めており、与党内の力関係の変化が見てとれる。 与党内では総裁選を睨んだ
動きが激化、野党は再編劇スタート。安倍政権が改憲を押し進め、長期政権に持ち込めるかどうかだが月曜の
段階では官邸は楽観的だったが、たった一日で雲行きが少々怪しくなり、官邸による党内工作のレベルを強化
しつつあるようだ。改憲と政局での大きなドラマが予想され、それは日経平均に大きな影響を及ぼす。

End of Day
End of day1




category: 未分類

Posted on 2018/01/18 Thu. 13:23  edit  |  tb: --  cm: 10  

まず薄雪草さんへ 

体調が芳しくないのは当たり前です。 熱が下がったのも薬で抑えているだけ。
肺炎を軽く見ない方がいいと思います。主治医がおられるのですから私が言うべきことではありませんが
もう少し仕事は溜めておいて、絶対安静を続けて下さい。お願い致します。

ニュースで読んでビックリ。
試験監督が鼾をかいて寝てるのもどうかと思うけど、受験生の一人が『鼾が気になって実力が出せなかった』
この受験生ってどういう思考してるんだろ?その程度でグタグタ言うのは所詮その程度の実力よ。
最近、ほんとに変なのが増えたわね。情けないったらありゃしない。

Creek.jpg



category: 未分類

Posted on 2018/01/16 Tue. 20:13  edit  |  tb: --  cm: 6  

小さな波乱 

先週、そして今週、日米ともに長期金利が動いたが、市場には調整局面があって当然。しかし、きっかけと
なったのは、日米の金融政策の転換への思惑であり、実際に日米の長期金利は上昇した。アメリカの場合は
思惑だけでなく中国によるアメリカ国債購入の見直し勧告という外的要因によってもたらされたもの。しかし
中国にとって外貨準備の拡大は不可欠で、当局が見直し勧告をしたからといって、米債購入が減額又は停止
されるというのは考えにくい。実際そのように米中両国が火消しに動き大きな波乱にはならなかった。中国
当局には、米ドル一本鎗でいくことに不満と不安があることが確認されたことは市場には十分なインパクトが
ある。アメリカの敵性国が何らかの意図をもってアメリカ市場を揺さぶる事ができるというのは安全保障上の
脅威ですらある。アメリカに世界から膨大な富が集まり世界最強の軍事力を維持できるのは米ドルが世界の
基軸通貨であるからこその話。最近はトランプもやっとそのことに気がついたみたいよ(笑)
日本の長期金利問題は、さらに厄介であり、政府日銀市場ともにナーバスになる。長期金利が制御不能な
上昇をすることになれば政府が利払い費の支出ができなくなってデフォルトするか、日銀が債務超過に陥り
破綻するか。いずれにしても、大きな悲劇になる。また金利がマイナス方向に動くことになれば金融機関が
倒産のリスクに晒され、金融システム危機を引き起こしかねない。すでに日銀の目標は2%物価上昇でなく
0%近辺の長期金利維持だけになっている。前記事に書いた『減額オペ』の通知を契機として市場が先回りし
深読みした結果が先週の動きだったが、日本の長期金利は上がるという予測には根拠がある。安倍政権は
景気回復に伴う税収拡大を当て込み2027年PB黒字化を達成すべく財政再建目標を仕切り直しつつある。
しかし、税収拡大が確実ならば、利払い費に余裕ができ金利が少々上がっても大丈夫になる。日銀の方も
金利を上げておきたい。しかし、どんな景気拡大にも限度がある以上、遠からず日本経済は不景気を迎える。
日銀はその時がきたら金利を下げて景気を刺激したい。その為に少しでも金利を上げておきたいというわけ。
こうした政府日銀の事情を見切った上で、日銀が異次元緩和からの出口を模索し、金融政策の正常化を図る
のではないかと、一部投資家は先回りするってわけ。ともあれ、財務省、日銀、主要な機関投資家にとっては
長期金利の動向が最重要の問題といえ、その金利が一時的にも日銀のコントロールを離れ、市場の話題となり
相場を揺さぶるようになってきたことも、今年の相場の特徴といえる。

snow snow






category: 未分類

Posted on 2018/01/16 Tue. 11:43  edit  |  tb: --  cm: 6  

戌笑う 

年初から格言通りの相場になった。先週半ばから軽い調整が入ったがこの程度は想定内。安倍は改憲という
目的のために全力で経済政策に注力し、条件が揃えばバブル化もありうる。日経平均は先高感を維持し、米国
株高の後押しを受けている。ただし相場というのは『米国市場はまだ上がる』『日経平均は強い』というのが
共有されると現状とぎゃくの思惑が流布されることが多い。先週もそうだったが思惑には十分な理由もある。
これまでの日米金融政策を考えると、相場環境が良すぎるということは、そろそろ政策転換すべしという事を
示し、引き締めに転じないとバブルという災厄が本格的に迫り近い将来に大きな悲劇を招きかねない。日本の
場合は異次元緩和そのものが潜在的な巨大リスク。2%物価上昇達成という目標は今年中に達成されるだろう
本来、異次元緩和など中央銀行が絶対やるべきでない邪道。日銀は1~2年でこれを止め将来に備えて正常化
したかったであろうことは容易に推測できる。なので、物価目標達成が確認されれば、次期総裁が誰であれ
自動的に日銀は異次元緩和から脱却し出口戦略に移行するとみられる。黒田がBIS会議に出席、中曾副総裁も
欧州歴訪して今後の金融政策の方向性について、欧米当局と緊密に連携をとるべく行動している。『日銀は
出口戦略を準備している』と言うのは単なる噂や憶測レベルの話ではなく、実務上の案件として具体化しつつ
ある。日銀が25年債の購入を『オペレーションとして』減額することが伝わって、為替、債券市場が動揺し
これが日経平均の調整の契機となった。水面下での日銀総裁人事は大詰めを迎えており、間もなく始まる
通常国会では、出口戦略が当然、議論の俎上にのぼるタイミング。こういう好環境であっても引き締めを実施
出口戦略もとれない、或いはとらないというのであれば、日本経済には滅ぶという文字しか見当たらない。
実際の出口戦略は、まだ先の話と思われるが、それほど遠くない未来には避けられない話。今後も良い指標が
出て、物価が更に上昇していくごとに『異次元緩和からの出口戦略』の話題と、これに伴う市場攪乱の不安は
内外投資家の間で増幅され、日経平均の重しとなり、上昇の阻害要因として作用していくと思われる。

若い鹿
小鹿




category: 未分類

Posted on 2018/01/14 Sun. 19:10  edit  |  tb: --  cm: 4  

相場については 

先高感があるとはいえ、年間を通して一直線に上昇するのは困難。PER16倍ラインとか、日経平均のキリの
いい株価では、調整の売りが出やすい。また、内外のかく乱要因も豊富。内外のリスクはまだどれ一つみても
根本解決はなく、年内のどこかで再燃する時がくると思われる。北の地政学リスクではいつ米朝双方の態度が
豹変するか分からず、南北会談も五輪休戦でしかないと思われ五輪終了後、春にかけての危機再燃は否定でき
ない。日米の政治リスクも燻っている。日本は総裁選、米は中間選挙。日米欧の金融政策も気になる。米は
インフレや実質賃金上昇が顕著になれば、どんなにFRB議長がハト派であっても引き締めの速度を速めるしか
なくなる。日本でも今年のどこかで、物価上昇2%達成が宣言される可能性があり、メデタイ事ではあるが
市場にとっては、かなり警戒を要する。物価目標達成と同時に、日銀もマーケットも出口戦略に向けて速かに
戦略転換すると考えられるのでそこで日経平均が攪乱されることが十分ありうる。何度も書くが気をつけて。

15凍てつく川




category: 未分類

Posted on 2018/01/10 Wed. 11:36  edit  |  tb: --  cm: 6  

雪が止んだ! 

水曜、木曜は予想気温からマイナスが消えているけど、土日はまた雪予報で日曜なぞ吹雪だって・・・。
さてイラン、サウジとイスラエル間の緊張がイランの国内事情で休止となる可能性が出てきた。米軍が北への
先制攻撃を自重していたのは、エルサレム首都認定という言葉で、中東情勢が流動化する危険が生じた為で
中東での緊張が緩和されないかぎり、北への先制攻撃は無理。しかし、その緊張が緩和されれば米軍は戦力に
余裕ができ東アジアで行動を起こす余裕ができる。このまま対北緊張が続けば当然米の先制攻撃が行われた
可能性は高かった。しかし、危険を察知した(と、思う)正恩が韓国との対話に乗り出した。勿論、核戦力の
廃棄などではなく、平昌五輪に関してだけだと思うが、南北対話が始まる以上米は見守るしかない。米韓合同
演習も延期され、相場にとっては一気に二つの地政学的リスクが外れたこと、プラスアメリカ株のバブル化で
強烈な追い風になった。NYダウ25000ドル突破というのは殆ど危険ともいえる水準だが、それにも関わらず
米欧の金融政策はそれに対する火消しの兆候はなく、世界市場全体をリスク・オンに傾けている。日経平均も
いまのままだと26000ほどまでは一気ではなくてもいく可能性もゼロではない。だがいつか弾ける。内外の
情報には細かいことにまで目と気を向けて投資を楽しみましょうね。

俊介と仲良しのワンコ。
怖い顔をして走る


3走る


はあはあはあ




category: 未分類

Posted on 2018/01/08 Mon. 11:29  edit  |  tb: --  cm: 6  

一時止んだが、また雪 

早ければ夜半には降りやむと思うけど・・・。パトカーで送ってもらうのも申し訳ないので本日泊まり。本来
10日までの休暇だったが、こうした非常事態では出勤するしかないのね。膝ほどまでの雪の中を歩いて出勤
してきた人もいる。幹線が緊急車両以外通行止めになってるんだから、歩きしかないの。パトカーで先導して
もらえるよう手配するから出勤してくれと言われれば嫌は言えない。面倒だからパトカー出勤しちゃった。
少し離れた場所から通勤の部下には、無理しないでいいと電話。彼は3人の子供がいるから郊外に家を買った
事を後悔していると言ったが、そんなことはない。庭で遊ばせたり一緒に雪かきするのもオヤジの仕事。親と
して、子供と一緒に成長できる幸せと家長としての責任を実感するいいチャンスじゃない? 私の部下への
要求は、外科医としての技術向上もさることばがら、最小の社会単位である家族とともに国に貢献すること。
家族と多くの話をして社会人として尊敬されるような一家を作り上げれば少なくともトランプみたいな歪んだ
市民はかなり少なくなると期待している。通常より4人少ないが、急患以外は来院者もキャンセルが多いから
全然心配していない。医局鍋でチョイと楽しんだ(笑) べつに強制したわけではないが、出勤したみんなは
当然のように泊まる準備をしてきている。何となく思いを理解してくれているようで嬉しい。

雪の風景(トウチャンが撮ってくれた)
66snow.jpg


67snow.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/01/06 Sat. 11:43  edit  |  tb: --  cm: 6  

昨日の続き 

もし7月に黒川が事務次官のポストから去れば、その後は誰がどうやって政権を守っていくのか?永田町&
霞が関の住人には気になるところで官邸もそのリスクは十分承知している。すでに対策は立て始めているはず
だが、安倍政権存続のキーマンが去ることで日経平均に波乱が起きることもあるので、投資家は注目しておく
事が肝要。 もう一つ、日銀総裁人事について。黒田続投が既定事項と言う噂を各メディアが報じたことが
日経平均を押し上げる原動力になったが、それは新聞辞令で政権中枢も本人もそういう事は口にしていない。
日銀総裁は国会の同意人事なので、通常国会で政権側が人事案を提示し両院の議運でヒアリングの後、3月末
までに承認されることになる。しかし黒田留任はダミーで中曾副総裁昇格が本命ではないかとの噂が与党内で
拡がっている模様。これまで、日銀出身者と財務省出身者が交互に就任してきたわけで、財務の黒田退任後は
日銀の中曾が昇格するのが普通。ただし、中曾が総裁就任となると、マーケットに強いメッセージを送る恐れもある。中曾は日銀執行部の中で異次元緩和からの出口を集中的に研究し、具体的プランを練ってきた人物。
黒田続投や、本田駐スイス大使なら、日本政府は緩和を続けるというメッセージと受け取られるだろうが、
中曾になれば、政府日銀は出口に向かうと先読み&深読みされる可能性がある。中曾はパウエル、ドラギ、
ラガルトらと出口戦略を協議しているという噂。中曾はセントラルバンカーとしての最高の資質と経歴を
備えており、いずれくる(こなくてはならない)出口の実施には必要不可欠な重要人物で今後の日本経済を
支える人物なので、日銀総裁としては適任。ただ、こうした案件が表に出た途端、相場を攪乱して大儲けを
しようとするスジは必ずいる。なのでこの部分にも投資家は要注意。

Concord,MA
Concord,MAsnow1


Concordsnow11.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/01/04 Thu. 11:38  edit  |  tb: --  cm: 8  

人事の話 

法務省で??と、思わせる人事があった。黒川事務次官と林刑事局長のコンビ。この2人は同期で『龍虎』と
よばれたほどの人物。このうちの林が名古屋高検に栄転し、黒川は留任。 全省庁の中でも法務省は特別で
下部組織のはずの検察庁が、上部組織である法務省全体を支配している。実際、検事総長の権威と権力は、
三権の長に匹敵するものがあるから優秀な検事は検事総長を目指す。この2人、出世競争では林が一歩リード
していたが、黒川は政界工作等を担当する官房長在任中、菅長官の懐刀の役を買って出て、政権が絡む案件の
多くをもみ消したことで総理のお覚えめでたく、先に事務次官になった。林は黒川次官の下で刑事局長になり
検察の悲願だった共謀罪を力業で成立させた。一連の共謀罪では汚れ役、嫌われ役をやらされたことで遺恨と
しこりを残したとも聞く。また黒川が政権の意を体する形で、大臣のスキャンダルや森友問題をもみ消すべく
検察内部に影響力を行使していた姿が林には我慢ができなかったとも聞く。現東京地検特捜部長は林の派閥に
属しており、共謀罪成立後、検察の動きは見違えるほど活発になりスパコン詐欺疑惑、リニア談合疑惑など
政権中枢に直結しかねない案件に一気に切り込んできたのは、林の強い指導力があったともいわれている。
つまり林は政権にとって不都合な人物になってきた。それがこの人事を生んだのだと感じる。官邸の思惑は
出世レースで黒川を飛び越え、林に名古屋高検に栄転してもらうことで、検事総長の椅子を確実にするかわり
政権追及の手を緩めてくれというもの。黒川は法務省に残れとの厳命に素直に従ったがそれは本心だろうか?
わたしの希望ではあるが、この2人がひそかに手を結んで官邸追及を加速させてくれれば面白くなる。

MA州、スワンシーで。
7.jpg


10KSwansea.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/01/03 Wed. 12:37  edit  |  tb: --  cm: 4  

危機 

単に危機と言っても、世界中にごろごろしているから、取り上げたらキリがない。が、どうも北朝鮮は戦争を
覚悟しているフシがある。イカ釣り漁船を装った海軍軍人や工作員の活動も過去最高レベル。また韓国の
文大統領に憑依しての工作活動で、慰安婦(正式には売春婦)問題に関する外交機密を暴露させ日韓関係を
最悪にすることに成功した。尤も、これらは全て中国のサシガネ。しかし文は北朝鮮・中国と手を結びたい
のだから韓国政府を信用した日本が甘かったと言う事。中国に踊らされる人物は日本にもいるがそれらは
信用するに値しない。更に、北は思っている以上に石油を持っており、初動作戦を行える準備はできている。
彼らの戦意は侮れないレベルで、北朝鮮情勢というのは単に米朝関係ではなく、日本、中国、ロシアを巻き
込んでのG.ゲームの一環で、中ロはそれぞれの思惑で北を恫喝したり支援したりしてアメリカとのゲームを
演じている。しかし事態が緊迫してくるにつれてユーラシア大陸の反対側でも動きが出てきた。ウクライナの
東部で戦闘が激化中。米ロはウクライナ東部で小規模な軍事衝突に向かいつつある。ヨーロッパ、中東の
情勢が荒れるほど北でのアメリカの軍事行動は難しくなる。アメリカが年明け早々の開戦に踏み切れるかは
他の戦線の緊張度合いにも左右されるので、中東、ヨーロッパ発の紛争関係のニュースには、特に注意して
おいたがいいと思う。尚、アメリカ発の重大事が春くらいかも作動するかもしれない。確率は50×50か。
途上国の落ち込み具合をよく見ておくこと。元がアメリカだとしても、アメリカ以上に落ち込むのが日本。
油断めさるな。

鳥たち
baby.jpg


NH 一休み


群れ




category: 未分類

Posted on 2018/01/02 Tue. 19:07  edit  |  tb: --  cm: 10  

現在-17℃ 

雪は降っていないけど、風が・・・。昨夜はカウントダウンの花火を撮りに行ってきた。勿論私が言いだした
ことではなくて、お付き合い。寒かった~~。こんな日に出てくるのは馬鹿と思っていたけど、馬鹿が多い。

1996年6月につけたバブル崩壊後の戻り高値は22750,70だったわけだから、大納会はこれをクリアして
終わった。超長期的チャートの図だけ見れば、今年はもう一段高を狙う形になっている。先の総選挙での
解散戦略を練る上で、野党に支持が拡大する要因を研究し、野党側の目玉戦略をごっそりパクったら『子育て
支援』を中心とする財政政策に収斂した。たとえそれがただの選挙公約であってもおそらく来年に予想される
『改憲の国民投票』を勝利で終える為には公約をやぶるわけにはいかず、一定以上の規模で実施される
見込みである。安倍の改憲に対する本気度は高く、国政も経済も翻弄されている(ように感じる)改憲を
成就する為なら、株式バブルの発生も辞さないとされており、これが市場の先高観として期待されている。
バブルは必ず弾けるし、海外要因も絡めば、作られた株高を喜んでいるより、その後への準備が肝要。

カウントダウンの花火
カウントダウンA


カウントダウンD




category: 未分類

Posted on 2018/01/01 Mon. 19:35  edit  |  tb: --  cm: 2  

明けましておめでとうございます 


新しい年の幸せをお祈りいたします
P1100940.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/01/01 Mon. 00:49  edit  |  tb: --  cm: 8  

一旦雪は止んだけど・・・ 

今日の最高気温は-9℃でした・・急にやってきた寒波で、けが人、病人が続出。ERはてんてこ舞いだろう
予想は当たった。申し訳ないが・・との呼び出し電話に、私とBで対応。クリスマス休暇で両親の元へ帰省
している職員もいるから、そういった場合の対応はわたしたちでやると決めていたんですけどね・・・。顔を
見合わせて、思ったより早くきたねと笑っちゃいました。この分ではもう一度くらいはお呼びがあるかもね。
今は止んでいる雪がまた降り出しそうで困ったもんだ。再度の声がかからないことを願っています。

今シーズン初めての雪の夜と、両親宅のレモンに降った雪。レモンは父が撮ったもの。
雪夜


れもんちゃん




category: 未分類

Posted on 2017/12/30 Sat. 07:58  edit  |  tb: --  cm: 10