03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

流動的になってきた 

セクハラ問題では初動の段階で福田を更迭し、政権へのダメージを最小限にしたかった官邸に財務省が反旗を
ひるがえして留任を発表した。産経が『次官更迭』と、一面で報じたのは、飛ばしでなく、安倍と菅が指示し
更迭を命じていたにも関わらず財務省は完全に無視。安倍への求心力と官邸の威信はここまで落ち、力関係は
逆転している。しかし、その後の財務省の対応は日本の世論を読み違えたものだった。女性被害者は名乗り
出よ、とか嫌なら男性記者にという麻生の言葉、アメリカでは普通。誰かを告発するのなら自分自身も名乗る
のは当たり前。しかも、自社ではなく他の媒体に情報を持ち込んだ。これはいかになんでもアウトでしょ。
それでもメディアはじめ野党は大げさに騒ぐ。私はこれには賛成できない。 反発くらいそうですけど(笑)
で、野党が国会再開の条件としているのが以下の3点。
1.麻生の引責辞任
2.加計問題での柳瀬の証人喚問
3.森友での次の証人喚問
いずれも、安倍政権の崩壊につながりかねない案件ばかりだが、森友、加計については官僚が対応し彼らが
責任を被るシナリオもある。しかし麻生の引責辞任はそうはいかない。麻生切りを承知した時、安倍支持の
与党内勢力が少数派に転落し政権運営が不可能になる恐れがある。これまでは、細田、麻生、岸田派に
二階、竹下(旧額賀)が側面から支えてきた。麻生辞任論が拡がり始めたのとほぼ同じころから岸田派が
動き始めた。官邸としては由々しき事態ですねぇ(笑)麻生はそろそろ辞任してキングメーカーに変身しては
どうだろう?何も安倍と抱き合い心中することはないと思うけどね。

久しぶりに、おじ様のベランダより
P1110597.jpg






スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2018/04/23 Mon. 11:00  edit  |  tb: --  cm: 2  

あ~、もうこんな時間 

イッパイ呑み始めたらちょ~~っと(笑)  さて日米首脳会談。1日目に拉致問題での協力をトランプが
示したことで、日経平均にもそれなりの効果があったが、それが日本経済に直接上昇圧力をかけるものでは
なく、それで安倍政権が続き当面は緩和策が続くと言う期待からの上げだった。しかし、2日目、拉致問題
強力への言質を取っただけで、その代償を貿易問題で支払うよう要求された。TPP復帰、輸入制限の適用
除外については何一つ確約を取れず、二国間協議をこの先継続して行う事を確約させられてしまった。しかも
安倍の前で(首脳会談の最中に)それをツイートするという極めて無礼な振る舞いをされ席を立つこともなく
作り笑いまで・・。二国間協議は日本政府が絶対に避けるべきとしていたレッドラインであったはず。こんな
安倍の神経が理解できないのは私だけか?ついでに言うと、交渉担当者はペンスでなくライトハイザー。
ペンスは日本を害する意思はなく、彼との交渉だったら日本経済に致命的な政策が提起される可能性は低いと
思っていたが、強硬派のライトハイザーが、日本からの貿易赤字を根絶するために二国間協議に・・・という
事態には政府も産業界も真っ青かもね。ライトハイザーはボルトン以上の難物。鉄鋼やアルミの輸出量は
それほどではない上に、高品質の日本製品の供給が途絶えたら、むしろアメリカの安全が脅かされかねない。
ま、とにかく無理やりアメリカ製品を買わせて為替を円高ドル安に誘導する。トランプは選挙戦の最中から
アベノミクスの異次元緩和を『不当な通貨安政策をとっている』として激しく攻撃していた。もし、為替を
議題に取り上げてくるなら、異次元緩和の反転要求となり、アベノミクスを根本から巻き返しかねず、かなり
大きな市場リスクとなる。拉致拉致点稼ぎにいっていると結局こうなるのよ、バカメ!

IMG_0940.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/22 Sun. 13:12  edit  |  tb: --  cm: 2  

アウト 

一番乗ってはならない二国間協議を進めるんだそうですよぉ。拉致被害者問題を話題にすると言わせただけで
これ以降どれほどの要求をされるか・・・恐ろしい。米朝首脳会談が不発に終わった場合はどうするのか?
トランプはキチンと保険もかけており、その可能性もちゃんと示唆した。それなのにとにかく拉致問題で点を
稼げば政権維持はできると、その一点だけしか考えないで国益を損なうであろう二国間協議に、あっさりと
話を進めた。協議が進展しないことを願うことしかできないが、市民感情はどうなんだろう。拉致優先?

先月中旬の川
川8




category: 未分類

Posted on 2018/04/19 Thu. 08:58  edit  |  tb: --  cm: 12  

ちょっとなあ・・・ 

米朝会談で拉致被害者の問題を、議題にのせると言って安倍を喜ばせているが、正直にどの程度踏み込むかと
言われれば、『日本からはそういうことを聞いているが・・・』くらいしか言わないだろうし、トランプは
それには興味がない。現在行われている、高官同士の秘密協議が決裂する可能性さえ残っている。そしてまた
拉致被害者家族会会長の言葉が、いささか奇異に感じる。『拉致被害者を帰すという確約をとってほしい』
これって、日本の問題でしょ?アメリカがそこまではやれないよ。なんでそうも甘える?不思議で仕方ない。
勘違いも甚だしい。日本政府にもっともっと圧力をかけ続けるべきだったのではないか?日本には対北で
戦後賠償の義務が残っているのだから、それを利用してそれこそ朝鮮総連や、怪しい坊主経由で被害者を
帰すことが、戦後賠償の話を進める起点になると言えばいいだけじゃないか?当然、平和条約締結も視野に
入れておかなければならない。中距離ミサイルを撃ち込ませない為にも大切な事。貿易問題で、どの程度の
話し合いができるかに興味がある。二国間協議を突っぱねることができればいいと思っている。
尚、対北対策として、イギリスのフリゲート艦も佐世保にきている。いずれやるのかな?

NJ上空から
NJ上空より




category: 未分類

Posted on 2018/04/18 Wed. 12:42  edit  |  tb: --  cm: 2  

マラソン 

あの雪の中で走り切った『KAWAUCHI』が今日も走るらしいよと聞いて、俊介は雨の中ゴール付近で待って
いたらしい。ボストンマラソンというと、あの圧力鍋爆弾のことを思い出すので、あんまり行ってほしくは
なかったけど、子供じゃないから無理に行くなとも言えないしね。ただし、カメラは持たないようにとだけ
言っておいた。写真とるのに夢中になっていると周辺のちょっとした異常に気がつかない場合がある。それの
予防という事。結果を知れば、カメラ持って行っててくれたらよかったのになど・・・笑)
さて、日米首脳会談の始まりが近ずいてきたが、くれぐれも国益を損ねないように心して臨んでほしい。
トランプはトモダチと言いながらも、足元を見てとんでもない要求をしてくるはず。政権の延命のためにと
なんでもYesだけは言わないよね。敢然と拒否しなければいけないことがある。それが延命に繋がるかもよ。
ぬっ、米山新潟県知事が女性問題で辞任? あの顔で? 相手は彼の権力と彼が動かすカネに魅力を感じた
だけなんだろうね。権力に添い寝するより、女性でも権力を握るだけの力を持てよ、みっともない。

IMG_1011.jpg


IMG_1012.jpg





category: 未分類

Posted on 2018/04/17 Tue. 08:10  edit  |  tb: --  cm: 2  

こりゃ大変だ 

政権は佐川を盾にして、今井・迫田・谷・昭恵という証人喚問の連鎖を拒否し続ければ、今国会での野党の
追及をかわし、もしかしたら三選に希望が出てくると計算していたらしい。ただし、佐川の虚偽文書作成での
立件は見送られたが、偽計業務妨害・背任・証拠隠滅などで、佐川が逮捕、起訴される可能性はまだ残って
いる。ココが肝心な部分で、これに関しても証人喚問で今井などが呼ばれることもありうる。一難去ってまた
一難ってことかな(笑) さらに愛媛発の大きな一撃でかなりグラつき始めた。愛媛だけでなく農水省からも
出たことでショックは隠せないようだが、外交で点を取って形勢挽回を目指している模様。しかし、アメリカ
イギリス、フランスなどのシリア攻撃に賛成の意を表したことで、プーチンを敵に回してしまった。ポチって
頭悪いんだね。尚、農水大臣の斉藤は石破派の人材である。

P1110435.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/15 Sun. 13:03  edit  |  tb: --  cm: 2  

出口作戦 2 

日本政府の借金は、すでにWW2のレベルにあり、一旦始めてしまった異次元緩和という政策(インフレ促進
政策)が、今後独り歩きして日本を破綻に導くことが懸念されている。実際、日銀内部の人たちは、もはや
デフレを克服できるかの議論などしていない。問題は、今後日銀の財務状況がどうなるかという事。黒田も
国会において日銀の財務状況を楽観視する答弁は一切していない。日銀はすでに450兆もの国債を保有
している。全発行額の40%。日銀は満期保有する前提であることを理由にして含み損は問題にならないと
しているが、市場がその説明を納得し信じるかどうかは、別問題。最悪のシナリオは、日銀が債務超過と
いう話が広まり、海外投資家が一斉に日本売りを始める事だが、その時に円の価値を防衛するために日銀が
できることは、大丈夫だと国際社会に説明することだけ。如何に信じさせるか・・・かなり難しいだろう。
含み損を補うために政府が資金投入して日銀の急場をしのぐという手もあるが、長期金利が急騰する局面とは
政府の利払い費も急増し、日本政府が破綻の危機に晒される事態だから、政府が日銀を救う余裕はなくなる
だろうし、むしろ日銀救済より先に政府が倒れてしまい日本経済自体が破綻することになりかねない。そこで
国会で時折取り上げられているのが、永久国債という構想。政府が新たに永久国債を発行し、すでに日銀が
保有する国債と順次置き換えていき、日銀に永久に保有させるというアイディア。これが利子付きなら国は
日銀に利子を払い、日銀は金利収入を得る。日銀は利益の一部を国庫に納めているので、一部ではなくて
全ての金利を返還させれば政府の懐は痛まず、金利急騰による財政破綻は回避される。一方、日銀にも
メリットはある。永久国債は日銀しか保有できず、市場から切り離された存在であるから、市場が売り崩しを
仕掛けても含み損が発生することもない。しかし、日銀だけに特定の国債をなんらかの形で引き受けさせる
のは、どんな理由をつけても『財政ファイナンス』であり、抜本的な法改正でもしない限り違法だが、その
法改正をやった瞬間に日本政府の信認が崩れ、強烈な日本売りを誘発する可能性が高い。過去に永久国債や
政府紙幣を発行した国は例外なく激しい経済混乱が発生している。特に日銀に永久国債を買わせるという事は
完全な禁じ手。直接引き受けだから、それだけでインフレや極度の円安をひきおこし、日本経済を大混乱に
陥れたあげく、国民に塗炭の苦しみを舐めさせることになりかねない。インフレは国民の資産を目減りさせる
一方、政府の借金をチャラにする効果がある。たとえ、政府、日銀は生き残っても国民には長く広い苦しみが
襲う。出口戦略に永久国債を導入するという議論があるという事は、暗黙のうちに、それを前提にしていると
言っても過言ではないといえる。可能な限りの備えはやっておいたがよい(と思う)

野原の花
P1110534.jpg


P1110536.jpg


P1110535.jpg







category: 未分類

Posted on 2018/04/13 Fri. 04:24  edit  |  tb: --  cm: 2  

出口作戦 1 

政府と日銀の間で、新しいアイディアが検討されていると聞く。『永久国債』。成功すれば異次元緩和からの
出口を遂げさせ、将来の『(狭義の)財政破綻』の危機を救うが、実務的、理論的な検証は皆無で失敗したら
日本経済自体が奈落の底に沈むという殆ど『賭け』に近いようなアイディア。今年2月の同意人事をめぐる
質疑の中で黒田が『出口についての議論』に言及したため、出口戦略についての憶測が独り歩きしているが
日銀が出口戦略を検討しているのは事実。出口の条件は徐々に整ってきていて、日銀と政府の政策協定に
よって2%の物価目標が達成されるまで、ひたすら異次元緩和が続くことになる。日銀の出す展望レポートは
2019年頃には物価目標2%近くに達すると予測している。つまり今後はインフレという意味で、デフレには
戻らないと判断されているわけ。出口の環境は整いつつあることになる。ただし、先週の日銀短観は
やや反する内容だったけどね(笑)すでに日銀の議論は次の段階に移行している。日銀が現在戦っている
のは、デフレでなく、これから発生するインフレを如何に防止するかという事。  続きは明日。

IMG_1083.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/12 Thu. 10:21  edit  |  tb: --  cm: 5  

官僚の反乱 

やっと出してきた。 『この案件は首相案件』 もうこれだけで十分でしょう。
尤も、今の時期に国政を混乱させてどうするんだ!という見解も有ろうかとは思う。
しかし、この後の一連の外交では、各国から足元を見られて成果などあげられない。
特にアメリカはもうすでに、安倍を見放しているし、ロシアとの領土問題でも、前に
進むより、一歩後退させて、次の総理に恩を売る作戦をとるだろう。
少なくとも、私ならレイムダックの安倍など相手にはしないけどね(笑)

P1110400.jpg


IMG_0665.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/10 Tue. 06:36  edit  |  tb: --  cm: 8  

再燃 

一旦は収束したと思われた森友事件は、国会の主要な争点として再浮上してきた。防衛省のイラク日報の
存在を発見して1年以上報告なしというシビリアンコントロールの根本を揺るがすようなことも発表された。
しかし、小野寺がこれを発表したのは、安倍夫妻への側面支援と思われる。他の不祥事発覚もすべては
政権のため。誰がそうしろと言っているかは知らないが(笑) 9日、11日には衆参両院の予算委員会
決算委員会が開かれ、野党は丸一日安倍を拘束して一連の不祥事や疑惑を徹底追及する構えであり
10日の参院外防委員会も主に日報問題で安倍を一日拘束しての徹底的な審議を要求している。官邸は
一連の不祥事をどう収束させるかアタマを悩ませている模様。森友事件の新スクープは大阪地検が予想外に
早く牙を剥いて安倍政権とガチンコ勝負をする姿勢を示したということ。検察、法務上層部の政権寄りの者は
地検に立憲を断念させるべく工作中だが、地検はその動きを抑え込むべく直接世論を動かす作戦にでた。
今の時期の地検のこの動きは官邸の計算を狂わせるに十分。地検が動くにしても会期末ぎりぎりで、国会
日程への影響は最小限だろうという政府与党の希望はかなり不透明になってきた。売買の経緯や文書改ざんの
経緯について、地検が更なる新事実のリークを続けるなら今国会中に安倍昭恵の証人喚問も不可避となり
安倍が政権を投げ出すことも視野に入る。容疑が固まる前に世論を動かすようなことは、守秘義務違反で
官邸は厳重な注意をするべきだが、怪しげな情報をリークして世論を動かすのは官邸のお家芸でありうっかり
地検に注意でもすれば、官邸がやった情報リーク事件を表面化される恐れがある。動きがとれないように
なっているのは、過去に政権がやった事の裏返しでしかないから、そろそろ諦めればどうかな?

椿P1110395.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/08 Sun. 19:16  edit  |  tb: --  cm: 4  

財政再建 

2020年PB黒字化は、昨年9月の衆院選で特段の議論もなく、あっさり放棄された。安倍政権が財政再建
路線を放棄し、大盤振る舞いの積極財政に転じたことは、日経平均に上昇圧力をもたらしたしこの政策転換の
威力は強力で、2018年予算が過去最大に膨らんだことが市場の追い風になり、年初からの株高要因にも
なった。しかし、財政再建を至上命題とする人たちにとっては、これは『亡国の政策』。とりわけ昨秋の政策
転換は衝撃的だったが、これが今の財政を直撃している。先週木曜の経済諮問会議の中間評価は2018年の
財政赤字が従来計画における想定よりも(4,5兆前後)10兆以上も悪化するというデータが発表された。
東京五輪後は反動不況も予想されているから2020年代の財政破綻はこのままでは不可避になりかねない。
ここまで悪化したのは、消費増税の延期に加え、税収が予想より伸びず、むしろ下振れしたのに安倍政権が
更なる大盤振る舞いを実施した結果と思われる。安倍はこの席上『財政再建は、経済成長によって達成する』
など、夢の中にいるような事を言い、アベノミクスを継続する意思を再表明したが、このデータは安倍の言う
政策的な方向性を否定するものでしかない。おそらく今年の諮問会議の骨太の方針は3年間の構造改革期間が
盛り込まれ、集中的な財政再建へ舵が切られる可能性が非常に高い。まともな市民へのしわ寄せを想像すると
気の毒で何とも言いようがない。おっと、これはアメリカも同じ・・・・・。

2年前くらいのエアショーの写真。ピンボケ・・・。
Flyover.jpg


F-18 at airshow,





category: 未分類

Posted on 2018/04/06 Fri. 19:42  edit  |  tb: --  cm: 4  

 

少し前になるが、参院予算委で自民の和田議員が太田理財局長を貶めるような質問をし『いくら何でも』と
いう答弁を引き出して粋がっていたが、数日で議事録からの削除を申し出て謝罪した。麻生から直接叱責
されたり、殺害予告のメールがきたりといったことが、削除と謝罪の原因とされている。しかし、永田町、
霞が関の掟を考えればそんなに生易しいものではない。財務省や検察に恨みをかうような政治家は、その
政治的生命は長くない。そればかりか、物理的な意味での自身や家族の生命、財産すら保証されなくなると
されている。昔から財務省こそ国家権力の本体。予算配分権を握る財務省を敵に回した議員には、全省庁が
協力を拒否し、足を引っ張る。財務省直轄の実働部隊である国税庁はしばしば恣意的に調査を行うことで
企業や個人を破滅に追い込む事すら厭わない。ま。国税から睨まれる恐れがあるのに支援する企業や個人が
いるかどうかと考えれば、普通の政治家が財務省批判に及び腰になるのは当たり前。普通に政策論争をやる
ぶんには手荒なことはしないが、理不尽なことをされたのであれば容赦はしない。おそらく、あの時の和田は
安倍だけをみて発言したのだろう。永田町における基礎知識の不足ということだろう。今、これだけ叩かれる
財務省だが、自民の実力者とよばれる者たちは、財務省に気を遣い、その影響下に入りつつあるような(笑)
岸田は閣外にでてから『財政再建』『格差是正』と唱え、アベノミクスの修正を仄めかすことでポスト安倍と
しての存在感を示し始めているし、石破も財政再建論者であり、事実上財務省の応援団。安倍の延命があるに
しても、政権交代があるにしても、財政再建の方向にいくよう、財務省は着々と手を打っている。

今日も去年の薔薇
P1190019.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/05 Thu. 19:34  edit  |  tb: --  cm: 2  

対米交渉 

日米首脳会談では、半島情勢と貿易戦争について緊密な協議がなされることになるが、どちらも極めて
重要かつセンシティブな交渉になる。半島情勢については『ICBMは廃棄するが核は放棄しない』など
いつもの食い逃げ北朝鮮らしい言葉にトランプが我が国に関係ないからOKなど、言わないとも限らない。
このバッドシナリオを防ぐのも重要課題の一つ。 また輸入制限の適用を除外してもらう為に、除外の代償を
どの程度に抑えきれるかに日本経済の未来がかかっているといってもいい。日米FTA、二国間協議に
うかつに乗るのは危険。米韓FTAで韓国が提示されつつあるような『為替条項』などは、議題にいれさせては
いけない。もし、為替条項を適用されれば、日本の金融政策はアメリカに握られ、日銀の政策に大きな
制約がかかり、出口戦略の政策オプションまで失われかねない。そうなれば日本経済が崩壊するリスクが
あるが、トランプ政権はそれを分かったうえで交渉に臨もうとしている模様。安倍が自分の職をかけてでも
これを突っぱねればいいのだが・・・。

去年の薔薇
P1190007.jpg




category: 未分類

Posted on 2018/04/04 Wed. 20:08  edit  |  tb: --  cm: 4  

証人喚問の結果は 

纏まれない野党の敵失によるもので、政権はかろうじて一旦逃げ切りに成功したように見える。6月までに
まともな野党再編ができ、協力体制ができるなら喚問時のような敵失は望めず、苦しい展開になるかもね。
また、疑惑解明が検察に移りつつあることも政権側にとっては不気味なはず。佐川が『刑事訴追の恐れが
ある』と言って殆どの証言を拒否したわけだから、検察は当然『刑事訴追』を検討せざるをえない。もちろん
検察、法務省上層部の政権寄りの者は公判を維持できないという理由で、現場の大阪地検を封じ込めるべく
強力な圧力をかけていると聞く。しかし、大阪地検はやる気満々で、国民的反発を考えれば、事情聴取は
不可避として、何とか逮捕・起訴までもっていきたい意向でメディアを巻き込む情報戦を展開中。仮に検察が
佐川の逮捕起訴に動くとして、佐川一人で治まるかどうか。証人喚問では、さすがの頭脳戦を仕掛け、誰が
悪いのか分からない証言に終始したが、むしろ、これが安倍、麻生、官邸スタッフを巻き込む可能性を浮上
させている。佐川はたとえ起訴されても自身を無罪とすべく極めて精緻に計算して証言の内容を選んでいる。
佐川は政権を守り切ったと評されているが、その証言で謎と疑惑を深めたと感じる。彼がこういう証言をした
以上、検察は佐川答弁の全てのプロセスについて、徹底的に捜査することになる。佐川と財務省はその辺りを
十分計算したもので捜査過程での佐川の供述は極めて重要になる。いずれにせよ、答弁内容が虚偽だった
わけだから、偽計業務妨害の疑いは濃厚。しかし、嘘をついたつもりはないと主張し、決して全ての泥を
被ってはいない。ならば、他の誰かが嘘を主導したことになる。その誰かが捜査されるということは、政権に
とって、致命的ともいえる。後は大阪地検の決断次第だが、検察が本気で政権中枢に捜査の手をのばした
場合、自民党政権を活かすも殺すも佐川をはじめとする財務省の胸三寸ということになる、かもね(笑)
だから、以前から言ってるように、頭の弱い政治屋じゃ、財務省には勝てっこないって。

ボストン港と椿
ボストン港夕景


20180402_085720.jpg





category: 未分類

Posted on 2018/04/02 Mon. 19:46  edit  |  tb: --  cm: 4  

ここ暫くは雨が多くなりそう 

春らしくない、低温と雨が続きそうでガッカリ。久しぶりに川でボートを楽しもうと思っていたのに残念。
室内でのボート漕ぎもそろそろ飽きてきて、やっぱり現場がいいと切実に思うこのごろ。
東京はもう桜が散り始めたというニュースなのにね。桜の散る様子もなかなか風情があっていいと思う。
何事においても、散り際って大切。しかし、外交で点を取って・・・と思っている御仁もある(笑)
焦って、各国に情報ちょうだいと頼んでも、通り一遍のことだけに大金払わされるだけで終わるでしょうね。
まあ、頑張ってちょうだいな(笑)

鳥3種
赤い髪


レッドショルダー




category: 未分類

Posted on 2018/03/30 Fri. 20:17  edit  |  tb: --  cm: 6